Daily Archives: 2016年10月29日

  • 0

アートorデザイン

Category : デザイン

現在、ご紹介いただいたお客様のお店に飾る立体アートを作っています。

久しぶりのアート作品製作で、大変楽しませていただいております。

私は幼い頃から美術、アート、デザインと名のつくものが大好きで、いつしか自らを芸術家だと思っておりました。

小学生の頃美術の教科書で見たシャガールの作品。

結婚式の花嫁…確かそんなタイトルだった気がしますが、宙に浮いた男の人が振り返って女の人にキスをしている。そんな絵画です。

子どもながらに独創的な世界観を垣間見た記憶があります。

高校を卒業後、デザインの学校に通い、その後、憧れていたデザイン事務所に入社することができました。

世に名を馳せるアートをたくさん作って行きたい。そんな意気込みだった気がします。

人に職業を聞かれた時「グラフィックデザイン事務所」と答えると、8割方「かっこいい」と言われます。私自身そういう返事を望んで答えているような気もしますが、実際の仕事はというと、クライアントの要望や締切、予算の調整に企画書、数字の管理、ディレクション…

入社当時の意気込みと実際の仕事は大分違うものでした。

いつしか、名を馳せるアートを作りたいという思いは、クライアントに感動してもらいたい、クライアントの売上げを上げたい、そういったたくさんのクライアントに選ばれるデザイン会社となり、会社を大きくしたいというものに変わってきました。

これはこれで一喜一憂、楽しみ、感動がたくさんあります。

たくさんの方に評価されているとも分からない芸術作品を手掛けるのも良いのですが、クライアントからの直接的な喜びの声や広告の反響に対する評価をいただけることがこの仕事の醍醐味であると実感しております。

今回の仕事も当然クライアントがあっての仕事ではありますが、

半分芸術作品。

久しぶりに作ることの楽しさも噛み締めながら、作業を進めてきました。

私にとって、仕事は人生の大半であるとともに趣味の延長線上のようなもの。

今年で入社20年目を迎えましたが、仕事の喜び、作ることの楽しさはいつまでも忘れずにいたいものです。