無料の仕組み

  • 0

無料の仕組み

Category : 日記

質問です。「バレーボールとバスケットボール どちらが高いでしょうか。」
人気アイドルグループがドームで体験型授業イベントでこのような授業をしたとニュース番組でやってました。
答えはバレーボール。理由は張り合わせるパネルの数がバレーボールのほうが多いので、 その分手間がかかって高いということです。
基本的なことですが、物の値段はどのようにして決まるのでしょうか。
単純に、価格=原価+経費+利益で、それに「需要」と「供給」のバランスで決まります。しかし最近のネット上では無料アプリ、無料の素材ダウンロードなど様々な無料が目に付きます。
ではどうやって無料でやっていけるのか。仕組みは大きく分けて4つ。
1、単純に趣味でやっている人。
2、企業のイメージアップやPRキャンペーンの広報として。店舗のポイントもカードでなくアプリで管理するところも。
3、有料アプリや有料アイテムなどの購入への導入。基本機能は無料でもより使いやすく高度な機能を使用するためや、ゲームのように、ステージを進めるためにアイテムを購入させるなどアプリ内課金によるもの。
4、広告料。アプリやサイトに表示されるバナー広告。表示回数やクリック数などに応じた報酬が開発者に支払われるというもの。
これらの仕組みにより利益を生み、企業も経済活動にプラスになることから無料がなりたっています。無料というものにも需要と供給が働いているのではないでしょうか。


Leave a Reply