LINEマーケティング

  • 0

LINEマーケティング

Category : 日記

メディア広告の「差」がチャンス
まずはこの数字をご覧下さい。
●紙(ユーザーの時間比率5%、企業の広告費22%)
●ラジオ(ユーザーの時間比率14%、企業の広告費10%)
●テレビ(ユーザーの時間比率41%、企業の広告費42%)
●インターネット(ユーザーの時間比率25%、企業の広告費21%)
●モバイル(ユーザーの時間比率11%、企業の広告費2%)
この数字は、世界中の人がどのメディア視聴に時間をかけているか、
企業がどのメディア広告に費用を投じているか、その差を表した数字です。
上から紙(新聞や雑誌)・ラジオ・テレビ・インターネット・
モバイル(フューチャーフォンとスマートフォン)。
現在は、モバイルの差が一番開いています。
ユーザーの利用時間がのびているメディアにも関わらず広告費が割かれていない、
ギャップがあるということです。
広告サービスもモバイルメディアにシフトしつつありますが、
スマホ普及のほうが先行している状況。
これは、LINEでマーケティングする企業・店舗にとって、
このギャップは大きなチャンスです。
LINEマーケティングがはじまって1年。
実際にLINEはこのギャップに影響を与えるメディアになりました
なぜLINEマーケティングは成功しているのか
LINEによるマーケティングが成功したのは、
日常にマッチしたコミュニケーションツールであるためだと考えられます。
24時間いつも身に着けているスマートフォンで、
とても親しい友人家族とコミュニケーションをとる一番身近なサービス。
企業からのメッセージは友人たちのと同じように手元に届きますので、
目を通してもらいやすく、非常に自然なかたちで企業の宣伝を行うことができ、
受け入れられています。
ユーザーに嫌がられず、企業のメッセージを確実に届けられます。
だから今がチャンスなのです。
お金をかけずにユーザーに響くマーケティングが可能な今、
ぜひ、LINE利用してみてはいかがですか?


Leave a Reply