その広告は見る人をワクワクさせるか

  • 0

その広告は見る人をワクワクさせるか

Category : 日記

家族でよく洋服を買いにショッピングセンターへ出かけるのですが、週末が雨の日が続くと一ヶ月のうち休日の大半をショッピングセンターで過ごしたなんていった月も珍しくありません。
そうしているとどこにどんな専門店があるかだけでなく、おおよそのディスプレイレイアウトまで頭に入ってきます。
「あっこのマネキンのコーディネートは随分と変わっていないな」とか「このバーゲンのコーナーなかなか売れていないな」とか。
恐らくは職業病だと思いますが、そのショップの販売戦略を想像するのがクセのようになってしまっています。
そんな中さすがだなといつも感心させられるのがユニクロのディスプレイレイアウトです。
お店の中の導線然り、インパクトを与えるVMDもうまい。
店内を歩くと、ディスプレイが常に変化していて、お店の人たちにディスプレイする力があるので、飾るだけでなく、売るディスプレイができています。カラーの並べ方も楽しい。高いレベルでディスプレイができ、POPもお客さんが見やすい目線に置いてあります。ある種、基本的なことをやりつつ、新たな感性をいつも入れていると感じます。
店のVMDというのは広告の紙面構成や表現方法によく似ています。
広告でも如何にインパクトを与えるか。購買意欲を高める心理動線を如何に作るか。基本的な紙面の見やすさをクリアしつつ、新たな感性とワクワク感が重要です。
ショッピングのようなワクワク感が紙面上で必要となれば、広告で何をメッセージするのか自ずと答えは導き出せそうな気がしませんか?


Leave a Reply