Daily Archives: 2014年2月6日

  • 0

最近のGoolgeの傾向

Category : 日記

最近のGoolgeは自作自演リンクや、低品質なコンテンツ、
低品質な外部リンクなどあらゆるものに目を光らせているようです。
また、以前は有効だった外部リンク対策の効き目も減少しているようです。
2011年までの「SEO対策」といえば、
外部リンクの評価と内部対策の割合が、
「7:3」か「8:2」ぐらいの割合だったと思われますが、
2012年からは2013年にかけて徐々にこの割合が
逆転しつつあるようです。
もともと「Goolge」はリンクを投票のように考え
それをもとに順位を算出することで、
よりよい検索結果をユーザーに見せようとしていましたが、
本来であればサイト内部にあるコンテンツをきちんと理解し、
検索結果に反映させたかったのではと考えています。
それではどうして、コンテンツを評価対象にできなかったのかというと、
サーバーの処理能力や技術的にも様々な制約があり
実装するにはいたらなかったと考えています。
その原因としてはパンダアップデートが全世界で
同時実行できなかったことが物語っているように考えています。
本来であれば、全世界一斉にパンダアップデートを行えばよかったと思うのですが、
英語に比べパンダアップデートを実装するのが遅かった言語が
日本語や韓国語ということからも、
コンテンツの処理が英語に比べ、難しいということの現れだと考えています。
そんなことから、現在のGoogleはコンテンツの内部もきちんと理解する
アルゴリズムか何かを実装していて、
それによって外部リンクによる評価を下げサイト内に掲載されている
コンテンツをの評価を上げたように現在の検索結果から考えています。
参照サイト「パンダアップデートとは」
http://itomakihitode.jp/term/?p=panda_update