Monthly Archives: 10月 2015

  • 3

上手に写真を撮るポイント〜その1〜

Category : 未分類

住宅会社のお仕事で室内写真を撮影することが多くあります。
室内写真を撮影する際に絶対必要なのが「広角レンズ」です。
一般に60度以上の画角を持ち、広い範囲を撮影することができるレンズを広角レンズと呼びます。広角レンズは、近い被写体を遠くに感じさせることができ、また深い被写界深度により、手前から遠くまでピントを合わせた撮影が可能なレンズです。
まずはこのレンズがないと話になりません。
そして撮影する際に三脚は必ず使いましょう。
たとえ明るい室内で撮影したとしても必ず手ぶれは起きます。
暗いとシャッタスピードが遅くなり、大きな手ぶれが起きてしまいます。

IMG_6536

次に大切なのが水平垂直を出すことです。
たったこれだけを意識するだけでも写真の印象が大きく変わってきます。
IMG_6533IMG_6531
カメラの画角のラインをガイドにしてサッシや家具等の縦横を沿わせると、水平垂直が簡単に出せます。

基本的なカメラの構造や技術を理解していてもちょっとしたことで写真は大きく変わってきます。

その善し悪しで印刷物やホームページのデザイン、反響も変わってきますので、写真撮影は大変重要なポイントです。

 

*****************************

デザイン性の高い広告なら北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

<ついでにこちらもポチッとして下さい!>

ポチッとして下さい! にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ

*****************************


  • 2

日本一厳しい屋外広告物条例

Category : デザイン , 未分類

以前私が旅行でとある伝統的な観光地に行った時、ファストフードやコンビニなどのよく見る看板が、通常の赤や黄色のハデな看板でないことに気付ことがあります。それは、街の条例により、街の景観や自然の美しさを崩さない様に、色使いや、看板の大きさ、文字の大きさなどが規制されてる事が多いそうです。京都のマクドナルドは通常の赤のベース色が茶色になり全体にシックな店構えになってます。またコンビニ各社も同じ様にベース色を茶や黒にしています。店舗によっては木の格子のデザインを取り入れることで、規制を逆手に取った和風のコンビニのイメージをつくりだしていいます。

ところで、最近話題になったのは兵庫県の芦屋市の「屋外広告物条例」。来年4月からの施行らしいのですが、これが京都を上回る日本一厳しい条例になるそうです。

芦屋市のwebページから引用すると
『規制の対象となる「屋外広告物」とは、常時または一定の期間継続して屋外で公衆に表示される看板・立看板・はり紙・はり札・広告塔・広告板などをいいます。このため、商業広告だけでなく、営利を目的としないものであっても、常時または一定の期間継続して屋外で公衆に表示されるものであれば、屋外広告物となります。また、文字により表示されたものだけでなく、絵・商標・シンボルマークなどの一定の観念・イメージなどが表示されているものも屋外広告物に含まれます。芦屋市内全域で屋上広告や建物壁面の突き出し看板は禁止。看板や広告文字の大きさを制限するほか、赤や青、黄色など原色の使用も禁じ、アドバルーンも全面禁止にする。』
とのこと。

主要幹線沿いは全面的に屋外広告禁止ということになるようです。そんな中、芦屋市が検討したのが、自分たちが仕事をしている芦屋市役所の壁についている市章。先の条例に抵触する可能性があるため、市は「まず自ら襟を正す必要がある」と撤去を決定したそうです。

ちょっと厳しすぎる気がしますが、そこが有名な高級住宅地がある兵庫県の芦屋市らしさなのかも知れません。施行後に一度行ってみたいと思います。

文頭の写真はよくテレビなどで見かける東京の銀座4丁目の写真。
芦屋の条例で規制すればこうなるんでしょうか・・・・

*****************************

屋外看板制作なら北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

<ついでにこちらもポチッとして下さい!>

ポチッとして下さい! にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ

*****************************


  • 1

作ったホームページそのままにしてませんか?

Category : 未分類

ホームページの仕事を受けた際、当社ではクライアント様が自由に更新できる、 新着情報やスタッフブログ等のブログ機能をつける事をお勧めしています。どの クライアント様も最初は理解して頂けますが、いざ公開してからは「忙しくて出 来ない」「何を書いたらいいかわからない」という理由で継続して更新できてい ないのが現状です。

更新していないとどうなるのか

・更新されていないホームページをユーザーが見たとき「この会社はちゃんと活 動しているの?」「このホームページは最新の情報が載っているの?」などの印 象を持たれます。

・Googleなどの検索エンジンは情報が更新されているホームページを評価すると 言われています。その情報の更新としてブログ機能を組み込んでいるので、更新 しなければ意味がなく、SEO対策ができません。

インターネットが普及し、一昔前まではホームページが必要でなかった企業でも ホームページを作り公開しています。数多くのホームページの中で検索順位を上 位に上げる為には公開した後、定期的に情報を更新する事が最低限必要となります。 スマホにも対応しブログ機能も付いたホームページをご検討の方は是非一度、当 社にご相談ください!

*****************************

デザイン制作なら北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

<ついでにこちらもポチッとして下さい!>

ポチッとして下さい! にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ

*****************************