作ったホームページそのままにしてませんか?

  • 1

作ったホームページそのままにしてませんか?

Category : 未分類

ホームページの仕事を受けた際、当社ではクライアント様が自由に更新できる、 新着情報やスタッフブログ等のブログ機能をつける事をお勧めしています。どの クライアント様も最初は理解して頂けますが、いざ公開してからは「忙しくて出 来ない」「何を書いたらいいかわからない」という理由で継続して更新できてい ないのが現状です。

更新していないとどうなるのか

・更新されていないホームページをユーザーが見たとき「この会社はちゃんと活 動しているの?」「このホームページは最新の情報が載っているの?」などの印 象を持たれます。

・Googleなどの検索エンジンは情報が更新されているホームページを評価すると 言われています。その情報の更新としてブログ機能を組み込んでいるので、更新 しなければ意味がなく、SEO対策ができません。

インターネットが普及し、一昔前まではホームページが必要でなかった企業でも ホームページを作り公開しています。数多くのホームページの中で検索順位を上 位に上げる為には公開した後、定期的に情報を更新する事が最低限必要となります。 スマホにも対応しブログ機能も付いたホームページをご検討の方は是非一度、当 社にご相談ください!

*****************************

デザイン制作なら北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

<ついでにこちらもポチッとして下さい!>

ポチッとして下さい! にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ

*****************************


1 Comment

JADたあな

2015年10月13日 at 7:40 pm

通りすがりのしがないWEB担当です。
おっしゃる通り、更新されないWEBサイトはまったく意味がないと言えます。

更に言えば、HPを更新するときは、どんな言葉で検索されているかを念頭において記事を真筆すると、さらに良いですね。

また、ホームページを更新する際は、同じ内容を、微妙に異なる言い回し、表現を用いればそれだけ多方面の検索に対応しますので、そのためのワード選びも慎重に行うと良いでしょう!

「検索エンジン対策の文章って、読み物としてどうなのよ?」と思われるかもしれませんが、美しい文章とSEOに役立つ文章は、そういう意味では種類が違うのかもしれません。検索にヒットさせるためには、国語として優れているよりもGoogleのロボットに認識されやすいキーワードを使っている事が大切です。そして何よりも検索する人がどんな言葉で調べているのかも想定して、記事を書く事が大切です。

とはいえ、読み手あってのブログです。
せめて、読者が読みやすい文章にしておきましょう。

…ちなみに、実はこのコメントはSEO対策を実践してキーワードを微妙に変えながら作文したものです。ロングテールを狙った、微妙な言い回しの変更がどういうことか、ちょっと読み返してもらえると分かりやすいかもですね。

Leave a Reply