Monthly Archives: 10月 2016

  • 0

アートorデザイン

Category : デザイン

現在、ご紹介いただいたお客様のお店に飾る立体アートを作っています。

久しぶりのアート作品製作で、大変楽しませていただいております。

私は幼い頃から美術、アート、デザインと名のつくものが大好きで、いつしか自らを芸術家だと思っておりました。

小学生の頃美術の教科書で見たシャガールの作品。

結婚式の花嫁…確かそんなタイトルだった気がしますが、宙に浮いた男の人が振り返って女の人にキスをしている。そんな絵画です。

子どもながらに独創的な世界観を垣間見た記憶があります。

高校を卒業後、デザインの学校に通い、その後、憧れていたデザイン事務所に入社することができました。

世に名を馳せるアートをたくさん作って行きたい。そんな意気込みだった気がします。

人に職業を聞かれた時「グラフィックデザイン事務所」と答えると、8割方「かっこいい」と言われます。私自身そういう返事を望んで答えているような気もしますが、実際の仕事はというと、クライアントの要望や締切、予算の調整に企画書、数字の管理、ディレクション…

入社当時の意気込みと実際の仕事は大分違うものでした。

いつしか、名を馳せるアートを作りたいという思いは、クライアントに感動してもらいたい、クライアントの売上げを上げたい、そういったたくさんのクライアントに選ばれるデザイン会社となり、会社を大きくしたいというものに変わってきました。

これはこれで一喜一憂、楽しみ、感動がたくさんあります。

たくさんの方に評価されているとも分からない芸術作品を手掛けるのも良いのですが、クライアントからの直接的な喜びの声や広告の反響に対する評価をいただけることがこの仕事の醍醐味であると実感しております。

今回の仕事も当然クライアントがあっての仕事ではありますが、

半分芸術作品。

久しぶりに作ることの楽しさも噛み締めながら、作業を進めてきました。

私にとって、仕事は人生の大半であるとともに趣味の延長線上のようなもの。

今年で入社20年目を迎えましたが、仕事の喜び、作ることの楽しさはいつまでも忘れずにいたいものです。


  • 1

シンプル・イズ・ベストなデザイン。

Category : 未分類

最近ネット通販で買い物される方も多いと思います。私も先日頼んだ物が届いたんですが、頼んだ物にしては大きな箱。開けてみると、ダンボールの台紙にビ ニールで固定され、箱の真ん中にぽつんと商品が。環境に配慮してか、コスト削減のためか、最近はこういった配送物の緩衝剤が少なくなってきたような気がし ます。配送物といえば「天地無用」。161020よくパッケージに印刷されてたり、荷物に貼られているシールを見たことありませんか?『心配無用』のように「必要な い」という意味にとられがちで「天地どっちでもいい」と受け取られがちです。しかし実はまるっきり逆の意味で、逆さまにしてはいけない大事な荷物ですよと いう意味なんです。「無用」は「禁止する」という意味で「上下逆を禁止しますよ」ということを運ぶ人へメッセージしてるんです。この文字だけの注意シー ル、シンプルイズベストなデザインと思いませんか?今ではピクトのマークもありますが、文字だから、読める方向が限定され、上下が限定される。シールを貼る だけで荷物の上下を指示できるんです。これを作った人がそこまで考えたかどうか知りませんが、必要生が絞り込まれた物って意外と美しいデザインだったりし ますよね。日頃の仕事はシールではなく多種多様です。でも、絞る物、盛るものを見極めて、いい物を作るよう進めていきたいです。

 

*****************************

デザイン制作は北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

*****************************


  • 2

良いものを作るには余裕を持って「準備」する事

Category : 未分類

私は毎日、愛妻弁当を作ってもらい仕事に向かいます。
朝も早い時は5時に出ることがありますが、必ず作ってくれてる妻には感謝です。

そんなある日家に帰ると、

 

image

私がお昼を食べて空になったお弁当箱を待っている次のおかずたちが準備万端で待っていました。
何の問題もありませんが、私のお弁当は前日から準備されている様です。なので今後も寝坊したとしても毎日お弁当を持たせてもらえるみたいなので安心です。
何事にも準備は大切です。デザイン事務所の仕事においても準備をどれだけ行ったかで制作物の出来栄えや納品までの時間が変わってきます。

制作物を作る「目的」を理解した上で、切り口を決め、それに必要な原稿・写真をしっかりと準備することが重要となります。

当社の業務はクライアント様から依頼を受け納期までに仕上げなければいけません。その中には納期までの時間があまりない物も多々あります。当たり前ですが、そんな時こそ「準備」をおこたらない仕事を日々行っていきたいと思います。

 

*****************************

デザイン制作は北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

*****************************

 


  • 0

100%リサクル金メダル

Category : デザイン

歓喜に沸いた夏のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック。競泳男子400m個人メドレーの萩原公介の金メダル、瀬戸大也の銅メダル、柔道での全階級メダル制覇、内村航平、白井健三らの体操団体での金メダル、レスリング、バトミントン、卓球のメダル獲得など日本が獲得したメダル数は史上最高の41個となりました。

いよいよ4年後2020年はそう東京オリンピック・パラリンピック
ところで、そのオリンピック・パラリンピックで授与されるメダルをなんと北九州のとある中小企業が試作しているのをご存知でしょうか。
北九州市でリサイクル事業を手掛ける(株)アステック入江さんでは「100%リサイクルの金」から作ったメダルを9個試作。原料はパソコンや携帯電話など電子基板で、銅やニッケルなど金以外の金属を端末から分解させる特殊な濾過装置により金を取り出すというもの。
オリンピック・パラリンピックで使用されるメダルに必要とされる金の量は合計9.6キログラムでパソコンでは7万4000台、携帯電話では32 万台分の電子基板に相当するそうです。

日本には廃家電が大量に存在しており「都市鉱山」と呼ばれるほど再利用可能な資源が眠っています。100%リサクル金メダルを実現することで日本の技術、北九州のものづくり技術の証明さらには環境や資源を大切にする日本の姿勢が世界に伝わっていく2020東京オリンピック・パラリンピックであってほしいものです。

4年後はあっという間に訪れるこ事でしょう。デザイン会社のジャムも北九州のいち中小企業として、ものづくりの一躍を担えるよう今後も様々な新しいご提案をさせていただきます。

*****************************

デザイン制作は北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

*****************************

iPadから送信