100%リサクル金メダル

  • 0

100%リサクル金メダル

Category : デザイン

歓喜に沸いた夏のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック。競泳男子400m個人メドレーの萩原公介の金メダル、瀬戸大也の銅メダル、柔道での全階級メダル制覇、内村航平、白井健三らの体操団体での金メダル、レスリング、バトミントン、卓球のメダル獲得など日本が獲得したメダル数は史上最高の41個となりました。

いよいよ4年後2020年はそう東京オリンピック・パラリンピック
ところで、そのオリンピック・パラリンピックで授与されるメダルをなんと北九州のとある中小企業が試作しているのをご存知でしょうか。
北九州市でリサイクル事業を手掛ける(株)アステック入江さんでは「100%リサイクルの金」から作ったメダルを9個試作。原料はパソコンや携帯電話など電子基板で、銅やニッケルなど金以外の金属を端末から分解させる特殊な濾過装置により金を取り出すというもの。
オリンピック・パラリンピックで使用されるメダルに必要とされる金の量は合計9.6キログラムでパソコンでは7万4000台、携帯電話では32 万台分の電子基板に相当するそうです。

日本には廃家電が大量に存在しており「都市鉱山」と呼ばれるほど再利用可能な資源が眠っています。100%リサクル金メダルを実現することで日本の技術、北九州のものづくり技術の証明さらには環境や資源を大切にする日本の姿勢が世界に伝わっていく2020東京オリンピック・パラリンピックであってほしいものです。

4年後はあっという間に訪れるこ事でしょう。デザイン会社のジャムも北九州のいち中小企業として、ものづくりの一躍を担えるよう今後も様々な新しいご提案をさせていただきます。

*****************************

デザイン制作は北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

*****************************

iPadから送信


Leave a Reply