Daily Archives: 2017年5月10日

  • 18

驚きの写実絵画「ホキ美術館」

今回は「ホキ美術館」へ行ってきました。
ホキ?って何?
千葉県にある日本初!写実絵画専門美術館で、創立者のお名前が「保木」さんです。

東京駅から電車に乗り、途中舞鶴駅で東京ディズニーリゾートへ向かう人々に付いて行きたくなる衝動を押さえ「土気」駅で下車し、1時間強で到着。
昭和の森に隣接した、静かな所に美術館はあります。

錆びたいい感じの看板。

ホキ美術館


外観も一部が宙に浮いていたりと独特。
早速、館内へ。

 

なんだ?このゆったり感は。

通常美術館は四角にくぎられたスペースの中での鑑賞ですが、ここはゆるやかにカーブする長い回廊の両サイドに作品が展示されているため、まるで散策するように鑑賞できるのです。
足下からは自然光が差し込み、絵を吊るすワイヤーを無くすなど、細密画の繊細さを壊さない様々な工夫がされているんです。

さて、作品は写実主義だけあってその精密さには感嘆しきり。
人物の肌・髪、布の質感、背景の精密さ。
「これは、写真でしょ?」と言いたくなる作品も。
黒板のチョーク文字なんか、目を凝らさないと絵だとは思えないほどのリアルさ!

写実は写真が存在しない時代には記録という役割があったと思うけど、写真が発明されてからの存在意義ってなんだろう。
技術・技法の向上はあるだろうな。
一言で写実と言っても画家によって技法も考え方も違うそう。
そこに在る物の何を伝えたくて、問いかけをしてるのか、そこまではわからりませんが、驚きと感動で「すごいね〜」と呟くばかりでした。

一緒に行ったひとりが面白い鑑賞方をやってました。
なんと風景画を双眼鏡でバードウォッチング!
やるね〜!

そうそう館内のイタリアンレストランのコース料理がリーズナブルで美味いんです!


こちらもしっかり堪能!
観賞後の美味しい!は欠かせませんよね!!!

心の良い刺激になります。
*****************************

デザイン制作は北九州市のデザイン事務所 株式会社ジャムへ

●株式会社ジャムのページ https://jam-com.jp

<ついでにこちらもポチッとして下さい!>

ポチッとして下さい! にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ